ネギ、Love

 風邪をひいてからちょうど一週間が経とうとしている。
今シーズンは絶対に風邪をひかないと豪語しておきながら、あっさりである。
 うー、だるーい。

 風邪をひいても、気づかなければいいのだ!
そう思っていたけど無理だった。超気づく。
イソジンの携帯用を買って、うがい、手洗いを徹底したいと思う。
 そして治ったらもう一度言うのだ。
「この冬は絶対に風邪をひかない!」


 帰り道、スーパーで鍋焼きうどんを作る材料を買い込んだ。
もう頭の中は、くつくつの鍋焼きうどんしか浮かんでいない。
早く現実のものにするのだ。
 しかし、ガサゴソと材料を開いてお湯に火をかけて気づいた。
買ったはずの長ネギがないのだ。
 なんてこった、ネギのやつ、どこかで落ちやがったな、、。
いつも袋から落ちそうで落ちないのが長ネギだと思っていたのに。
あいつ、ついにやりやがった。

 長ネギのない鍋焼きうどんなんて、ギターを持たない『弾き語り』のようなものだ。
つまり『語り』だ。おいおい、おんがくやろーぜ。
 冷蔵庫を開けるとタマネギがあった。
ネギはネギでもタマネギじゃなぁ。
 「楽器ありましたよ有田さん!ドラムっす」
 「ドラムで歌えってか!ありだけど、なしだ!」
それにそれは『弾き語り』でなく『叩き語り』になってしまう。
おれは『鍋焼きうどん』が食べたいんだ!なーべーやーき!


 再び服を着込んだありけんはネギの捜索に向かった。
ああ、かわいそうな長ネギ。誰かに踏まれたり、自転車にひかれたりしてなきゃいいが…。

 「ただいまー!おかあさん、ネギ拾ったよ」
 「まあ、落ちてるものを拾ってきちゃダメでしょ。
 でも立派なネギね、今夜は鍋焼きうどんにしましょう」
 「それはオレのネギだぁー!」

いかん、急がなければ。


 少し歩くと暗闇の中、歩道の端に転がっている長ネギを見つけた。
 お前って、こんなに白かったんだ。
拾い上げたそれは、ひんやりとしっとりと手に馴染み、瑞々しかった。
まったく、もう逃げ出すんじゃないぞ(「落とした」という考えには至らないありけん)。

 3束あるネギの2束も使ったクツクツの鍋焼きうどん。
ありけんが幸せな気持ちにならないわけがなかった。ごちそうさま。


 今夜こそ早く寝よう。
なーに、起きたらすっきりさ。
そして、もう風邪はひかないのだ!(いつも言っている)



f0168745_20182582.jpg
【収穫の秋】
都心は渋谷、屋上の菜園にて。
懐かしいね。アケビの実。
子供の頃に山で見つけてよく食べた。
腐るほどあるからと、いただいた。


f0168745_20182124.jpg
【種ばっかり】
アケビは美味しいのだけど、種がやたらと多い。
そんなに種がないと子孫を残せないのだろうね。
とろーりほんのり甘い味。
こりゃ、動物達もほっとかない。
収穫の秋やね。
[PR]

by a_kessay | 2010-11-27 19:55  

<< 東京タワーに登る理由 ありけんサンタ >>